なゆた の きぼう

カテゴリ:映画( 42 )

アナコンダ観て思う事

 



 怖い。





 サローン怖い。





 サローン→ジョン・ボイドが演じていたオッサン。


 縛られた状態であろうと、近づいたら最後、足で絞め殺されます。
 麻酔打たれて水に放り込まれても、ピンピンしてます。
 アナコンダに飲み込まれて、吐き出されても、ウインクをする余裕が
 あります。

 アナコンダなんか目じゃないぜぇええええええ!



 あと、主人公の彼氏。活動しているのは最初だけで、
 あとは寝てるだけ。(途中起きるシーンあるけどその後昏睡。)

 気がつけば全て終わっている上に、貴重な映像をおさめられて、
 帰れば大出世間違いなし。ある意味最強の運の持ち主。

 ダニー(アイス・キューブ)、君はよく頑張ったよ。うん(ノД`)
 ・・・と、テレビで放送されるたんびに思ってしまう。
[PR]
by nayunozo | 2006-09-24 23:18 | 映画

スピード 久しぶりに観ました。

 スピードはキアヌを初めて知った作品でした。
 テレビで放送されていたのを、何気なく観たのですが、あまりの
 キアヌの格好良さに、ノックアウト。

 が、当時、ハリーが死ぬシーン観てからというものの、ずっと
 トラウマで、その後、放送される機会があっても観れませんでした。
 
 そして、数年経って、久々に観てみようと思いました。
 いやー、やっぱり迫力があって面白い。

 これだけの人数がいると、必ずヒステリーを起こすキャラが現れ
 ますよね。そのたんびに「あー!うぜぇええええ!」と思いますが、
 こういうキャラがいないと面白くならないので、ニヤニヤしながら
 観てました。おばあさん、合掌・・・。

 ベビーカーに空き缶を大量に入れているおばさんとか紛らわしい。
 あと、隊長があまりにも無能で笑った。おめーもクビだ!

 まだ2は観た事ありません。
 当時、スピード2が日本で公開されると知った時、「キアヌキアヌ~♪」
 と思って新聞見たら、キアヌ出てねーでやんの!

 興味ねーやヽ(`Д´)ノと当然のごとくスルーしました。
 当時、サンドラ・ブロックは好きでも嫌いでもなかったし。

 この2が、今後のキアヌとサンドラの明暗を分ける事になろうとは。
 作品選びって本当に恐ろしいですね。

 それで、公開後、もの凄く叩かれているのを観て、逆に観たくなったん
 ですよね~。でも、世間一般的に駄作の烙印を押されているものに
 レンタル料すら払う気にもならず、テレビ放送されるのを今か今か
 と待ち続けてました。

 来週、楽しみだな~。
 
[PR]
by nayunozo | 2006-09-22 23:15 | 映画

激突! 感想

 ネタバレ全開。閲覧ご注意。

 深夜にやってたので、録画して視聴。吹き替え版でした。

 タンクローリーのしつこさには恐怖感を抱くものの、
 あまりの暇人ぶりに吹きだした。

 追い越したら、超スピードで追ってくるし。
 なんとかやり過ごし、追い越させたら、何時間でも待ってるし。

 最初あたりの後ろから煽られるところでは、主人公の車内
 のラジオから流れる陽気な音楽と、追いまわされている
 主人公の状態とのミスマッチさに笑いました。

 行くところ行くところで狂人扱いされる主人公が可哀想で
 可哀想で。ほんの些細な事でここまで付回されるとは。

 途中で遭遇する、スクールバスの運転手と子供達。
 助けを求めているのに、邪険にする老夫婦。
 後者の気持ちはわからないでもないですが、前者は腹が
 立った!ヽ(`Д´)ノ

 主人公の心理描写も細かい。
 勘違いかも、いや、本気だ。勘弁してくれ、ビール奢るから。
 やっぱ本気だ。もう勘弁してくれたのかな?うわ!殺される!
 と、どんどん心理が圧迫されていくんですよね。

 正体がわからない。怖くて当然。
 まるでゲームをするかのように、じわじわといたぶってくる。
 
 少しでも良い方に考える時は、店に寄ったりした時など、
 立ち止まった時。
 でもいざ、走り出すとその考えは無残にも砕かれてしまう。
 
 後半で、いきなり勝負をつけにきます。
 スタンドをぼろぼろにされた、おばあちゃん(´・ω・`)

 いきなり突っ込んできたので、びっくりしました。
 もう、お遊びはこれまでだ!と言わんばかり。

 終わった後、爽快感はありませんでした。
 うなだれ、小石を投げ続ける主人公の姿が焼きついています。

 結局、最後まで相手の正体はわからずじまい。
 でもそこが恐怖をひきたたせていて、良い。

 スピルバーグ監督の若い時の作品だそうですが、お金をかければ
 良いってもんじゃないんだなぁ、とつくづく思いました。
 またこんな映画をつくって欲しいです。

 車の運転している時に、トラックが目に入ると緊張しますよね。
 それを尚更、実感させる内容でした。
 自動車教習や免許更新の時などに、放送希望。
[PR]
by nayunozo | 2006-09-02 23:14 | 映画

クリムゾン・リバー 感想というよりぼやき。

 TV放送のものを視聴。そして録画開始。
 
 予約の設定をミスって、最初の大塚さんの番組紹介の時点が
 カットされてしまい録画失敗。orz

 本編はばっちり録画出来たんですが、やっぱり最初の番宣も
 入れたい。
 次放送される事があったら、また撮りなおそうっと。

 テロップうざっ!
 しかも巨人負けてるし。
 プレゼント情報とか、他の映画の情報なんていらないよー。

 これオチはともかく、設定も好みだし、景色や建物が美しくて
 好きなんですよね。放送される度に観てしまう。

 DVDの吹き替えも関さんなら買ったのになぁ。
 残念でならない。

 雪の降り積もるグラウンドで犯人と追っかけっこ、笑った。
 犯人、足速すぎ。

 結局、ニーマンス警部がなぜ犬が苦手なのかがわかりません
 でした。肝心なとこで終了。結局、2でもわからなかったし。

 気になる~!最後に大きな謎が残った。
[PR]
by nayunozo | 2006-08-27 23:11 | 映画

「M:i-3」&「パイレーツ・オブ・カリビアン」 感想

 本日は、映画館にて、
 「M:i-3」
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 」


 の2本を観てきました。
 
 面倒なので、まとめて感想を。ネタバレありなので閲覧注意。



 「M:i-3」

 凄まじいアクションシーンの連続で、スパイ物からどんどん離れて
 いっているような。いろいろと小道具が出てくるのは嬉しいけどね。
 
 今回は、変装シーンが1回しかなくて残念。
 イーサンといえば変装も重要なポイントのひとつなのに。

 そのぶん、コスプレはやたらと多かったような。w
 これは必見ですよ~。
 
 アクションシーン、無茶多すぎて各所で吹きだした。
 デイヴィアンを護送中、橋のところでミサイルがボンボン打ち込まれて
 笑った。ちょ、そんなに撃ったら、デイヴィアンも死ぬってw

 トム、身体張ってますよ~。
 ビル飛び移りとか、爆風で車にぶつかるシーンとか、上海爆走もいい!
 走る走る走る!はぇええ~~!と思ったし。

 黒幕があっさり殺られて笑った。そんな終わり方でいいのかよ!
 しかも地味だから、最初、気づかなかったよ!

 本当に、IMFは組織として問題ありすぎです。




 裏切り者だらけだし。
 

 
 ジュリア役のミシェル・モナハンって、「コンスタンティン」で
 哀れにも出演シーンをほぼカットされたエリー役の人だったんだ。
 どうりで観た事あると思った。 
 
 キアヌと事後ではあるもののベッドシーンあるし、今回トムとラブラブ
 してるし、うらやましいやつめ!

 キアヌ繋がりといえば、ローレンス・フィッシュバーンもそうですね。
 彼の事はもう「モーフィアス」としか呼べないw
 人に彼の事を話す時もこっちの名前で言った方が通じるし。
 ヒューゴ・ウィービングの事を「スミス」と呼ぶようにねw
 
 奥さんの事をどれだけ愛しているかがよくわかる内容でありましたが、
 2のヒロインは!?前作であんだけ見せ付けといて別れたのかよ!
 正直、女絡みの話になるなら1のようなソフトさがいいなぁ。

 2でも違和感、感じたけど、スパイとしてのイーサン・ハントには
 女の協力者はOKでも、恋人はいらん。

 イーサンはただでさえ、女に関して感情的になりがちなので、
 そっちがメインになってペース崩されるのには困る。「スパイ」映画だし。
 これがトムの考えているイーサンならば、ちょっと合わないなぁ。

 字幕で観ましたが、吹き替えは森川さんになるのかな。
 鈴置さん・・・(´Д⊂
 
d0075734_21563160.jpg

パンフレットゲットしてきました。なんかこの造り好きだな。

d0075734_21564294.jpg

 左側が爆走シーンです。

 続編はもうなさそうですね。
 もし造られるとしたらイーサンもパパになってるかも。




 「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト 」

 食人族やら、化け物やらに追いかけられて大変ですねw
 デイヴィ・ジョーンズの船なんて、観てるこっちも磯臭くなりそう。

 ウィルの評価がかなり上がりました。前作では一番嫌いだったのに。
 親父とのエピソードに泣けた。

 逆にエリザベスは急降下。そこで口説いてどうするーっっ!!
 一番嫌いなキャラに降格!

 キーラ・ナイトレイの顎が気になって気になって仕方がない。
 どんどん、しゃくれて来てる様な気がする。「穴」の頃は可愛かったのに。

 3人で鍵を取り合っている時、闘っているというシリアスなシーンにも
 かかわらず、遠目から観たら子供の喧嘩みたいで笑った。

 ノリントンの落ちぶれっぷりには笑ったなぁ・・・。
 前作であれだけ格好つけてた癖に。まぁ、落ちぶれはしたものの、
 キーアイテムを最後に手にしたってトコは凄いですけどね。
 
 最後は( ゚Д゚)ポカーン おまえ生きてたのかよ!
 しかも何!?その晴れやかな笑顔!


 観終わって思った事。



 エリザベスは鞭打ち


100回の刑
ってことで。



 ウィル父ではなく、あの凶暴そうな人(人じゃねー)、お願いします!

 まだ未見の人は、エンディング中に席は立たないで下さいね。
 後にも映像あるから。そこで盛大に吹きだした。

 次回作、造る気まんまんだろ!
 むしろこれで終わったら絶対に許さーん!!!!

 これ観にいくにあたって、前作を借りてきて、昨日観ました。
 PCで作業しながら観ていたので、吹き替え音声+字幕用字幕付で。

 それで、本日、今作を観たのですが・・・、観といて本当に良かった。
 不親切極まりない内容だもの。
 人物の繋がり、物語の繋がり、前作観てないと物凄くわかりにくいです。

 一緒に観にいった母(前作未見)も???って顔してたし。

 え?パイレーツ・オブ・カリビアンのパンフレットは?って。
 この内容では買う気になれません。



  「他に思った事」

 映画館に着いたら、物凄い人人人!で圧倒されました。
 平日とはいえ、お盆だからか・・・。

 子供連れが多かったです。「M:I-3」も「パイレーツ」にも子供の声
 が一切聞こえなかったので、おそらくアニメ目当てに来たのでしょう。
 おじいちゃんもおばあちゃんも含めた子供連れも。なんか良い。

 今は「ゲド戦記」や「ブレイブ・ストーリー」、「NARUTO」もやって
 ますもんね。「NARUTO」観てぇ~。

 戸田奈津子氏、翻訳作品、2連発とは。
 DVDで吹き替え聞いたらまた全然違うんだろうなぁ。
 人によって、ニュアンスが違ったりするのが実に面白い。

 映画が始まる前の番宣やらCMでいつも思う事。
 海賊版撲滅キャンペーンのCM、センスなさすぎ。
 あれじゃ、子供には何がなんだかわからないでしょ。

 美人か不細工かよくわからん女が出てきて、黒い涙を流す。
 そこに髑髏って、ホラーかよ。
 
 「M:I-3」のパンフレット買おうと売店に行ったら、すぐ前に並んでた
 おばあちゃんも買っててなごんだ。

 1日、アクション三昧で楽しめました。
 映画はアニメ、ホラー、アクションに限るな!
[PR]
by nayunozo | 2006-08-16 21:55 | 映画

ジブリの思い出

やはりジブリ強し…「ハウル」平均視聴率32.9%

 流石にジブリアニメは高視聴率を記録しますね。

 昔は母親や弟と一緒に地域で特別に無料上映していた「魔女の宅急便」や
 「トトロ」などを観にいったりしたものです。魅力的なキャラクター、
 わかりやすい設定、空を飛んだり戦ったりとダイナミックなアクションに
 ワクワクしたものです。

 ジブリ作品の映画放映が近づくたびに、小学校の前で鑑賞券が配られていた
 事も思い出します。クラスメートが「紅の豚」を、




 「なにぃ~?






 べにのぶた!???」



 爆笑しました。今となってはいい思い出です。


 それで「ハウルの動く城」ですが、私も観ていました。
 感想はこちら
 
 「ゲド戦記」の宣伝も兼ねてでしたが、観る機会があるなら確実にテレビ
 放送待ちです。

 声優をどうして使わなくなったんでしょうね。
 ここ数年の作品では大塚明夫さんや島本須美さんの名前は目にしましたが、
 ほとんどが有名人(俳優やタレントなど)で覆われてしまっている。
 
 私は声優という職業を尊敬しているので、これにはちょっと抵抗ありますね。
 有名人にも物凄く上手い人はいますし、起用はどちらかと言えば賛成ですが、
 最近はそんなのおかまいなしに知名度や有名人を起用することによって
 話題性を高める為、だけで選んでいるような気がするので(;・∀・)
 これは他の作品にも言えることですがね。

 もちろん声だけの問題ではありません。なんかどんどんどんどん内容が難しい、
 もしくは説明不足で勢いだけで突っ走っていきそうだし。この前のハウルが
 いい例です。展開についていけませんでした。

 お前の想像力・理解力が欠如してるんだよ!と言われればそれで終わり
 でしょうが、それらを働かせるように持っていくのも作り手の仕事なのだと
 思います。わからなかったら資料や原作を読め!っていうのもおかしな話だし。

 「ゲド戦記」、どうなるのか楽しみですね。
 今度、まだ未見の「海がきこえる」でも借りてこようかな。
[PR]
by nayunozo | 2006-07-25 17:41 | 映画

劇場版ブラック・ジャック&ハウルの動く城 感想

 同じ時期に「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」、「ハウルの動く城」
 を観たのであわせて感想を。
 基本的にネタばれしているので、ご閲覧の際はご注意を。
 それでも良い方はどうぞ。↓


 <ブラック・ジャック ふたりの黒い医者&Dr.ピノコの森の冒険>

 TSUTAYAでレンタル。
 「劇場版 AIR」、「NARUTO-ナルト- 大激突! 幻の地底遺跡だってばよ」
 とこれのどれかで迷いました。結局、新作なのになぜか一番安かった
 これにしました。

 劇場版なのに作画に乱れがあるのがちょっとね。もっと頑張りましょう。
 冒頭ではなぜかブラック・ジャックが拘置所?にぶちこまれているのですが、
 その事よりも、刑事が銭形のとっつぁんに似てて吹いた。

 事故現場で身体の一部分を切り離すとか、実際に手術しているシーンは
 震えました。相も変わらず多大な医療費をふっかけて、相手によって取ら
 なかったりするのはお約束なのかな。

 キリコは好みだ。予告を観た時、ブラック・ジャックを殺そうとしている
 所だったので、どんな悪人だよと思って観てたら全然違ったし。
 彼はブラック・ジャックとは考え方が違うだけで、医者だという事がわかり
 ました。協力したり、ピンチに駆けつけたりとおいしい所をかっさらって
 行きます。
 ピノコに食事を食べさせてもらっている所とラストの会話がとても良い。

 そしてもう1人のメインキャラのロック。復讐の為なら一般市民を巻き込
 んだ爆弾テロもお手の物。ミドリの為なら他の人間がどうなろうがおかまい
 なし。騙されていたという点、以外での自分の行動に疑問を感じるシーン
 が全くなし。こんな奴に感情移入できません。

 黒幕の正体にロックとミドリが気づいてなかったというのはちょっと苦しい
 気がします。ロックってとことんアホだ。
 
 手術シーンがメインのひとつと言ってもいいのに、後半は伝染病に立ち向
 かうものの治療方法がわからず、延命をするのが精一杯。
 3人のうち、2人は死んでしまう。

 結局ラスト近くになってなぜ感染したのがこの3人なのか、なぜミドリは
 進行が遅いのかがわかるのですが、結局設備等の問題で島から脱出で
 終わってしまったのでちょっと物足りなかったかな。
 その後の麻酔なしでの弾摘出は痛そうだったなぁ。

 この作品全体を包んでいる、人の生と死。
 永遠のテーマでしょうね。結局は個人の解釈の問題で答えが見つかる
 ことはないと思います。難しい。

 声質がいい人が吹き替えをすると、様になるのでキリコの鹿賀丈史さんは
 良かったと思います。
 ロックとミドリはまぁまぁですね。聞ける所はあるものの、メインなので
 台詞量も多い。その分、どうしても粗が目立ってしまう。

 素人にはチョイ役をさせておけばいいのに。「Dr.ピノコの森の冒険」とあわ
 せて一番聞くに堪えなかったのはユニコーン。
 あまりにも酷すぎてこけそうになった。
 竹下景子さんのナレーションはアニメの内容にあってなくてイマイチでした。

 特報と予告でロックとキリコの声が違いましたね。
 ロック=檜山修之さん、キリコ=若本規夫さんに聞こえました。
 こっちの方が良かったのに。
 

 <ハウルの動く城>

 なんか展開についていけない、というのが本音。
 ソフィーの呪い、ハウルとカルシファーの事、戦争についてなどあまりにも
 説明不足で気がついたら終わってしまいました。「やめましょう」で戦争が
 終わる、という所も拍子抜け。製作者の自○行為ととられてもおかしくない
 内容です。わかりやすいジブリにはもう戻らないのでしょうか。

 ただ、流石にジブリ作品だけあって、音楽も作画も色彩も独特の雰囲気が
 あって良い。ベーコンがおいしそうだったなぁ。
 
 キャラクターもなかなか魅力がありました。

 ・ハウル
  金髪の時が一番好きだな。あの性格のムラはなんなんだろう。

 ・カルシファー
  さんざんな目に遭いますが、しぶとい。なかなかのお茶目さん。

 ・ソフィー
  全く物怖じしない性格なので(ずうずうしいとも言う)観ていて気分が
  重くなる事はありませんでした。行動的なヒロインは良。

 ・マルクル
  ただひたすら可愛い。弟に欲しい。

 ・カブ
  全編でかなりおいしい所を持っていく。正体はイケメン王子でしたが、
  案山子の時の方が好きだな。

 ・荒地の魔女
  可愛くてちょっとウザイおばあちゃんになって吹いた。
  最初は呪いをかけた嫌な奴、という印象しかなかったのですが、階段
  のぼり競争の所が好き。身体でかいのにあんな小さな馬車に押し込められ
  ててここでも吹いた。

 ・ヒン
  あの身体の形が可愛い。原田さんが声を当てていたそうですが、まともに
  しゃべるシーンがないので残念。

 ・ソフィーの母と妹
  あまりにもソフィーと違い派手派手なので驚いた。

 残念としかいいようがありません。キャラクターも設定も魅力的なのに理解
 できない部分が多く消化不良。無駄なシーンが多すぎたように感じます。
 
 それで声について。棒読みの所もありましたが、思ったよりキムタクは悪くあり
 ませんでした。それよりも倍賞さんの方が・・・。演技は悪くないんですが、
 若ソフィーの時も声が老けてるのが×。若ソフィーは別のキャストを用意すれ
 ば良かったのに。美輪さんは上手い。文句なし。
 このタレント集団の中に大塚明夫さんが混じってて笑った。
 そういえば大塚さんは↑のブラック・ジャックの声も担当しているし、なんて
 タイムリーな。
[PR]
by nayunozo | 2006-07-23 16:45 | 映画

運命の女 感想

 エロシーンカットしまくりでやる気あんのかテレビ朝日。

 妻の馬鹿で無神経な所に終始、腹が立ちました。
 ひたすら旦那と子供が可哀想な内容。

 抵抗しつつも顔は嫌がってない所がまさに楽しんでいる証拠。
 男に他に女がいるって気づかなかったら絶対続けてただろ。
 
 子供が「女は嫌い。絶対好きにならない。」と言っていましたが
 もしかして母の不倫に気づいてはいなくても何かは感じていたのかな。
 
 殺害シーンでは血がありえないくらい出てびっくりしました。
 あんな球体のもので殴って血があんなに出るものなのだろうか。
 
 その中にあった夫から妻へのメッセージに泣けた。こんな大切な物を
 浮気相手にやるとは・・・これは殺しちゃうよ。

 最後は自首したんでしょうね。妻の浮気相手を殺して刑務所に入る旦那。
 まわりには当然ばれるでしょう。考えただけでゾッとします。子供が可哀想。

 浮気相手がセクシーだのなんだのと作中に出てきましたが、私からすれば
 彼でもない、ダイアン・レインでもない。



 リチャード・ギアが一番セクシーでした。

 
[PR]
by nayunozo | 2006-07-16 23:52 | 映画

SPIRIT DVDがやってきました~。ですが・・・

 1日遅れではありましたが、「SPIRIT」DVDやってきました。
d0075734_2112890.jpg

 買っちゃいましたよ・・・。ポストカードと特典ディスク欲しさに。
 11月に出るノーカット版も買いますとも。ふふふ・・・。
 
 相も変わらずワーナーDVDってチャプター表すら入っておらず、地味。
 あといつも2枚組の初回についてくる初回限定豪華BOX仕様について一言。
 厚紙を上からかぶせただけなのにどこが「豪華」BOXなのか問い詰めたい。

 今回の商法もなんだかなぁ。ノーカット完全版にも特典ディスクつけて
 くれればいいのに。
 唯一、いい仕事したな!と思ったところはジェット・リー氏の吹き替えが
 池田秀一氏だったということ。

 本来ならば喜ばしい到着だったはずなのに、
 2日前に起きた「中村獅童酒気帯び&信号無視で検挙、女性同伴
 のせいでなんとも複雑な気持ちになりました。
 事故を起こす前に捕まって良かったね。二度と飲酒運転なんかするなよ。
d0075734_2112253.jpg

 ポストカードのサインもなんか空しいよ。ライトが当たってますが故意では
 ありません。
d0075734_21123977.jpg

 彼の出ている映画のDVDで持っているのは今の所「あらしのよるに」と「SPIRIT」
 だけです。とりあえず中村獅童はガブと田中安野に謝ってください。

 ジェイ・チョウ氏の曲もPVも今回が初見です。
 映画は劇場に観にいったのですが、その時のエンディング担当は別の日本の
 歌手でした。エンディングテーマが流れてきた途端、他の観客がざざーっと出
 て行って、終わった時には私と母しか残っていなかったことが思い出されます。

 フォフォフォフォフォ~!
 と文字におこすとHGみたいに見えますが、確かに言ってる。
 ラップっぽくて笑った。

 DVDで元に戻すくらいなら劇場公開時もジェイ・チョウ氏でいけば良かった
 のに。ジェイ・チョウ氏にもハイカラにも失礼だよ。
 
 11月のノーカット版楽しみだなぁ。

SPIRIT<スピリット> コレクターズ・ボックス (完全予約限定生産)
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
スコア選択: ★★★★★




あらしのよるに スペシャル・エディション
/ 東宝
スコア選択: ★★★★★
[PR]
by nayunozo | 2006-07-15 21:11 | 映画

デイライト 感想

 あ、暑い・・・。
 なんだこの暑さは・・・。

 汗をだらだら出しながら「デイライト」観てました。

 ささきいさおさん、声は渋くて格好いいんだけど聞き取りにくいよ~。
 音量大きくすると他の声優さんの声がでかくなって内容が内容だけに
 非常にうるさい。

 ヒステリー、罵声が飛び交う中で音量あげるのは地獄です。
 こういうパニックもののヒステリーは非常にうざったい。

 序盤でマデリーンが囚人たちを助けるシーンがありますが、私なら見捨てた
 だろうな。あんな放電コードがぶらんぶらんした状態かつ、囚人=犯罪者
 ってことで何をされるかわからないし。と即座に思った自分に対して、こういう
 時に本性を現すんだなぁと思ったり。

 困った時はお互い様、助け合わなきゃね。特に緊急時は。

 潜水シーンはどんな映画を観てもなかなか慣れません。海とかだだっぴろい
 所なら大丈夫なんですが、あんな狭くてごちゃごちゃした所を泳いでいる所を
 観ると苦しくなってきます。

 クーパーが生きていることがわかって、おばあさんが可哀想でした。
 あと、ジョージ。彼こそ生きていて欲しかった。生きてて欲しいな、と思う人ほど
 死んでしまう。とても悲しいです。

 ヴィゴ・モーテンセン・・・彼、別にいなくても良かったんじゃ。
 死ぬってことが丸分かりすぎたことと、前後の会話で不謹慎にも笑ってしまい
 ました。

 そして最後のツインタワー・・・。
 ドキッとすることがやたらと多い映画でしたね。

 事故や爆破のシーンはどれも迫力があって最高でした。
 ただ、閉じ込められた人間達がほぼ無傷だったことに失笑。少女と両親なんて
 思いっきり炎に包まれてたのに。
 
 スタローンは相も変わらずセクシーだ。
 彼のご子息が出演されていたそうですが、どの役なのかなーと思って調べて
 みたら囚人の中の1人らしいんですが、2人いるうちのどっちなんだろう。
[PR]
by nayunozo | 2006-07-14 23:24 | 映画

アニメやゲームの感想、日々のぼやき中心です。
by nayunozo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

NANA
from 話題のエンターテイメント
日々様々なキーワード
from 日々様々なキーワード
完全予約限定生産『SPI..
from DVDジャンル別リアルタイム..
「あいのり」のトラックバ..
from 「あいのり」のトラックバック..
情けない大人にはなりたく..
from Share the fun!!
ルパン三世 セブンデイズ..
from SLOTH DIARY 
おいおい、何やってるんだ君
from モンド21へ急げっ!
8月15日
from 「咲いた手帖」
VALKYLE PROF..
from ksingleton7
亀田興毅が世界タイトル獲..
from SUKA・SUKA・BLOG

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな