なゆた の きぼう

劇場版ブラック・ジャック&ハウルの動く城 感想

 同じ時期に「ブラック・ジャック ふたりの黒い医者」、「ハウルの動く城」
 を観たのであわせて感想を。
 基本的にネタばれしているので、ご閲覧の際はご注意を。
 それでも良い方はどうぞ。↓


 <ブラック・ジャック ふたりの黒い医者&Dr.ピノコの森の冒険>

 TSUTAYAでレンタル。
 「劇場版 AIR」、「NARUTO-ナルト- 大激突! 幻の地底遺跡だってばよ」
 とこれのどれかで迷いました。結局、新作なのになぜか一番安かった
 これにしました。

 劇場版なのに作画に乱れがあるのがちょっとね。もっと頑張りましょう。
 冒頭ではなぜかブラック・ジャックが拘置所?にぶちこまれているのですが、
 その事よりも、刑事が銭形のとっつぁんに似てて吹いた。

 事故現場で身体の一部分を切り離すとか、実際に手術しているシーンは
 震えました。相も変わらず多大な医療費をふっかけて、相手によって取ら
 なかったりするのはお約束なのかな。

 キリコは好みだ。予告を観た時、ブラック・ジャックを殺そうとしている
 所だったので、どんな悪人だよと思って観てたら全然違ったし。
 彼はブラック・ジャックとは考え方が違うだけで、医者だという事がわかり
 ました。協力したり、ピンチに駆けつけたりとおいしい所をかっさらって
 行きます。
 ピノコに食事を食べさせてもらっている所とラストの会話がとても良い。

 そしてもう1人のメインキャラのロック。復讐の為なら一般市民を巻き込
 んだ爆弾テロもお手の物。ミドリの為なら他の人間がどうなろうがおかまい
 なし。騙されていたという点、以外での自分の行動に疑問を感じるシーン
 が全くなし。こんな奴に感情移入できません。

 黒幕の正体にロックとミドリが気づいてなかったというのはちょっと苦しい
 気がします。ロックってとことんアホだ。
 
 手術シーンがメインのひとつと言ってもいいのに、後半は伝染病に立ち向
 かうものの治療方法がわからず、延命をするのが精一杯。
 3人のうち、2人は死んでしまう。

 結局ラスト近くになってなぜ感染したのがこの3人なのか、なぜミドリは
 進行が遅いのかがわかるのですが、結局設備等の問題で島から脱出で
 終わってしまったのでちょっと物足りなかったかな。
 その後の麻酔なしでの弾摘出は痛そうだったなぁ。

 この作品全体を包んでいる、人の生と死。
 永遠のテーマでしょうね。結局は個人の解釈の問題で答えが見つかる
 ことはないと思います。難しい。

 声質がいい人が吹き替えをすると、様になるのでキリコの鹿賀丈史さんは
 良かったと思います。
 ロックとミドリはまぁまぁですね。聞ける所はあるものの、メインなので
 台詞量も多い。その分、どうしても粗が目立ってしまう。

 素人にはチョイ役をさせておけばいいのに。「Dr.ピノコの森の冒険」とあわ
 せて一番聞くに堪えなかったのはユニコーン。
 あまりにも酷すぎてこけそうになった。
 竹下景子さんのナレーションはアニメの内容にあってなくてイマイチでした。

 特報と予告でロックとキリコの声が違いましたね。
 ロック=檜山修之さん、キリコ=若本規夫さんに聞こえました。
 こっちの方が良かったのに。
 

 <ハウルの動く城>

 なんか展開についていけない、というのが本音。
 ソフィーの呪い、ハウルとカルシファーの事、戦争についてなどあまりにも
 説明不足で気がついたら終わってしまいました。「やめましょう」で戦争が
 終わる、という所も拍子抜け。製作者の自○行為ととられてもおかしくない
 内容です。わかりやすいジブリにはもう戻らないのでしょうか。

 ただ、流石にジブリ作品だけあって、音楽も作画も色彩も独特の雰囲気が
 あって良い。ベーコンがおいしそうだったなぁ。
 
 キャラクターもなかなか魅力がありました。

 ・ハウル
  金髪の時が一番好きだな。あの性格のムラはなんなんだろう。

 ・カルシファー
  さんざんな目に遭いますが、しぶとい。なかなかのお茶目さん。

 ・ソフィー
  全く物怖じしない性格なので(ずうずうしいとも言う)観ていて気分が
  重くなる事はありませんでした。行動的なヒロインは良。

 ・マルクル
  ただひたすら可愛い。弟に欲しい。

 ・カブ
  全編でかなりおいしい所を持っていく。正体はイケメン王子でしたが、
  案山子の時の方が好きだな。

 ・荒地の魔女
  可愛くてちょっとウザイおばあちゃんになって吹いた。
  最初は呪いをかけた嫌な奴、という印象しかなかったのですが、階段
  のぼり競争の所が好き。身体でかいのにあんな小さな馬車に押し込められ
  ててここでも吹いた。

 ・ヒン
  あの身体の形が可愛い。原田さんが声を当てていたそうですが、まともに
  しゃべるシーンがないので残念。

 ・ソフィーの母と妹
  あまりにもソフィーと違い派手派手なので驚いた。

 残念としかいいようがありません。キャラクターも設定も魅力的なのに理解
 できない部分が多く消化不良。無駄なシーンが多すぎたように感じます。
 
 それで声について。棒読みの所もありましたが、思ったよりキムタクは悪くあり
 ませんでした。それよりも倍賞さんの方が・・・。演技は悪くないんですが、
 若ソフィーの時も声が老けてるのが×。若ソフィーは別のキャストを用意すれ
 ば良かったのに。美輪さんは上手い。文句なし。
 このタレント集団の中に大塚明夫さんが混じってて笑った。
 そういえば大塚さんは↑のブラック・ジャックの声も担当しているし、なんて
 タイムリーな。
[PR]
by nayunozo | 2006-07-23 16:45 | 映画

アニメやゲームの感想、日々のぼやき中心です。
by nayunozo
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のトラックバック

NANA
from 話題のエンターテイメント
日々様々なキーワード
from 日々様々なキーワード
完全予約限定生産『SPI..
from DVDジャンル別リアルタイム..
「あいのり」のトラックバ..
from 「あいのり」のトラックバック..
情けない大人にはなりたく..
from Share the fun!!
ルパン三世 セブンデイズ..
from SLOTH DIARY 
おいおい、何やってるんだ君
from モンド21へ急げっ!
8月15日
from 「咲いた手帖」
VALKYLE PROF..
from ksingleton7
亀田興毅が世界タイトル獲..
from SUKA・SUKA・BLOG

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな